日大基礎学力到達度テストなんて怖くない!

東京在住のプロ家庭教師が、日大付属生の皆さんに日大内部進学のため、基礎学力到達度テスト攻略法等についてお話します

統一テスト解答法~英語編(一般的な解答手順)

今回は、統一テスト英語の一般的な解答手順についてお話します。

 

 英語は7問を70分で解答するため、単純計算で、1問あたり10分かけることができます。

ただ、ヒアリングテストでは15分とられ、また、には10分以上かけたいところです。

そこで、ヒアリングとⅦ以外の問題を10分以内で解くこと、また、問題解答の順番を工夫することが必要になります。

 

わたくしが考える1問あたりの制限時間と解答の順番は、以下の通りです。

ヒアリング:15分(固定)⇒  併せて10分 ⇒ 5分 ⇒  8分 ⇒ 10分 ⇒  15分 ⇒マークミス等の見直し、及び、後回しにした問題の検討7分

 

重要なのは、「たとえ、解答の途中でも、自分で決めた制限時間を過ぎたら次の問題に移る」ということです。

 自分で決めた制限時間以上の時間がかかるということは、

①(客観的に)問題が難しいか、

②自分の実力以上の出題である、うちのどちらかです。

いずれの場合も、制限時間以上に時間をかけたとしても、正答にいたらない可能性が大きいので、頭を切り替えて、次の問題に移ってください。

 

試験においては、合格点(統一テストでいうと、220点が一応の目安)を採りさえすればいいのです。

一つの問題に拘泥していると、全体的な解答上の戦略が崩れ、悲惨な点数になる可能性があります。

時間管理は、試験において重要な戦略のひとつであることをお忘れなく!

 

 については、単語・熟語・文法の知識問題です。当ブログの過去の記事を参考にしてください。

の解答方法については、2012-09-14の記事をご覧ください。

 

他の問題の解答方法については、次回以降に書きます。

 

それではまた。

 

総合英語Forest (フォレスト)が自分には向かないと思う方は、こちらをどうぞ↓

 

 

広告を非表示にする