日大基礎学力到達度テストなんて怖くない!

東京在住のプロ家庭教師が、日大付属生の皆さんに日大内部進学のため、基礎学力到達度テスト攻略法等についてお話します

合格圏内に入っていないと、どんなに頑張っても合格できません

f:id:prokatei92:20190530172409j:plain

先頭集団に入りましょう!

皆さん、ご無沙汰しております。

 

4月の基礎学力到達度テストでの順位が出て、個人面談も終わった頃でしょうか?

「この調子で行けば、日大希望学部に合格可能性は高いです」と担任からお墨付きをもらった方はこの先は読む必要がありません。

 

先頭集団に入ることが大事です

皆さんは、マラソンやF1(フォーミュラー・ワン)レース中継をご覧になったことがあるでしょうか?

 

ラソンでは、過去に実績のある選手や招待選手が、スタート時、先頭に配置されます。一方、一般参加ランナーたちは、スタート時点に着くまでに数分かかるような位置からのスタートになります。

10キロも走れば先頭集団が形成され、30キロを過ぎた頃には先頭集団の中でも差ができます。結果として、優勝するのは、ほとんどのレースで最初の先頭集団に属していた選手です。

 

また、F1では、決勝前日の予選会のタイムレースの順位で決勝時のスタート順が決まります。そして、レースに最も有利なポールポジションを獲得した選手が、本戦で優勝する可能性大です。

 

つまり、受験も、マラソンやF1同様、一定の時期に先頭集団あるいは良いポジションにいないと、途中でどんなに努力しようと、現実には、合格または優勝できないのです。

 

何故なら、先頭集団に属している人はゴールするまで努力し続け簡単には順位を落とさないため、先頭集団より後ろの集団に属している人たちは、先頭集団が障害となり順位を上げることができない、つまり定員の決まった合格枠に入れないのです。

 

翻って考えると、基礎学力到達度テスト経由で日大に内部進学するためには、早い時期から、先頭集団に入っていることが不可欠なのです。

 

先頭集団に入るには

現時点で自分が先頭集団に属しているかどうかを確かめるには、4月の基礎学力到達度テストの結果で、自分の高校からの希望学部の推薦枠数(例えば、経済学部50名)と自分の学内順位(例えば、自分の順位/経済学部志望者数が、70位/160人)を調べれば簡単にわかります(例の場合では、先頭集団は80位くらいでしょうか)。

 

それでは、令和元年5月末時点で、先頭集団に属していない人はどうすれば良いでしょうか?

前述のように、先頭集団に属している生徒さんは簡単に順位を落としません。さらに、部活引退後、夏休みには猛勉強します。

そのため、先頭集団に属している生徒さんが本格始動する前に、先頭集団との差をできるだけ詰めておく必要があります。

 

普通の勉強方法では太刀打ちできません

結論として、「すぐに家庭教師を使って、先頭集団に入る」ことをお勧めします。

過去問による反復練習こそ、合格への近道です。

 

 それではまた。

 

fuzoku.hatenablog.com