日大基礎学力到達度テストなんて怖くない!

東京在住のプロ家庭教師が、日大付属生の皆さんに日大内部進学のため、基礎学力到達度テスト攻略法等についてお話します

寓話

f:id:prokatei92:20130613185756j:plain

あついあつい夏の日のこと。

ありさんたちは、とういつてすとにそなえていっしょうけんめいべんきょうしていました。

みんなみんな、それはいっしょうけんめいべんきょうしていました。

 

そんなある日、一ぴきのキリギリスが草かげで楽しそうにうたをうたっていました。

「ありさんありさん。なんで君たちはこんなにあつい夏の日に
そんなにひっしこいて、べんきょうしているんだい?」
キリギリスは、ありさんをこばかにしたようなかんじでいいました。

「なにを言うんだ、キリギリスくん。今のうちにべんきょうしておかないとすぐにとういつてすとがくるんだよ。きみもうたをうたうのはほどほどにして、すこしはたんごでもおぼえておいたほうがいいよ。」

「ばかだなぁ。こうこうさいごの夏だよ。すきなことをして楽しまないとつまらないじゃないか。」

そう言うとキリギリスは、またうたいはじめたのです。

 

ありさんたちは さらにべんきょうしつづけます。

「かてきのおかげで、べんきょうも早くおわったね。」

「これで、あんしんしてとういつてすとをむかえられるね。」

「じしんがついたよ。」

「よかった、よかった。」

 

やがて夏はすぎ、秋がきて、そして、とういつてすとがやってきたのです。

 

つめたいゆきのふる中をぼろぼろのふくをきたあのときのキリギリスが、おなかをすかせてさまよっていました。
「さむいよ~、おなかがすいたよ~」

 

そのとき、キリギリスはいっけんのいえを見つけたのでした。

「あ~、あたたかそうないえだ・・・。あそこに行ってなにかたべるものをめぐんでもらおう・・・。」

 

まどから中をのぞいて見ると あのときのありさんたちが、たくさんのごちそうをまえに、楽しそうにごうかくしゅくがパーティーをひらいているではありませんか。

「ごめんください。おなかが すいて しにそうなんです。おねがいです。なにか たべるものを めぐんで くれませんか?」

「おやおや キリギリスくん。きみはあのときなんていったんだっけ?

あそんでばかりいるから、そういうことになるのさ。」

 

そういわれたキリギリスは、 夏の日にあそんでばかりいて、べんきょうしなかったことをたいへんはんせいし、にちだいにいけないくやしさで、大きななみだをながしましたとさ。

 

おしまい

 

 

fuzoku.hatenablog.com

 

 

fuzoku.hatenablog.com

 

広告を非表示にする