日大基礎学力到達度テストなんて怖くない!

東京在住のプロ家庭教師が、日大付属生の皆さんに日大内部進学のため、基礎学力到達度テスト攻略法等についてお話します

やみくもに勉強しても・・・

f:id:prokatei92:20180702174749j:plain

勉強の作法を学んでから始めましょう

 基礎学力到達度テストまで、遂に3ヵ月を切りました。

「夏休みは、猛勉強するぞ!」を意気込んでいらっしゃる高3生も多いと思います。

 ただ、普段1時間未満しか勉強せず、定期テスト前だけ試験範囲をひたすら繰り返し、赤点を免れるような勉強をされてきた方にとって、「基礎学力到達度テスト向けの勉強はどうやってすればいいのか解からない」というのが本音ではないでしょうか?

 実は、勉強方法には作法があります。勉強全般にかかわる作法と科目毎・各単元ごとの作法があるのです。

 それを学ばずして、やみくもに勉強しても徒労に終わります。

作法を身に付けないまま勉強するのは非効率

 家庭教師という立場から申し上げますと、成績不良の生徒さんは作法を知らない方がほとんどです。

 作法を知らない生徒さんを指導するのには大変時間を要します。というのは、作法を身に付けるのに大体3カ月くらいかかるからです。作法を身に付けたうえで勉強しないと効率が著しく悪いため、成績アップが可視化するのは半年後位になります。

 反対に、小学生あるいは中学生の時に作法は身についているものの、成績不良な生徒さんは短期間で成績がアップします。

作法は専門家から教えてもらうのが早い

 「勉強の作法って何だ?」と思っている成績不良の方は、家庭教師をつけてもらいましょう。

 作法は、受験参考書や受験本にも書いてありますが、専門家から口移しで教えてもらった方が効率的です。

 コスパ」とはこのことです。

 

 基礎学力到達度テストの過去問や問題集をやっても結果が出ない方は、是非家庭教師をお試しあれ。

 

fuzoku.hatenablog.com

 

 

fuzoku.hatenablog.com