日大基礎学力到達度テストなんて怖くない!

東京在住のプロ家庭教師が、日大付属生の皆さんに日大内部進学のため、基礎学力到達度テスト攻略法等についてお話します

ひとりで勉強するのは非効率

f:id:prokatei92:20200212120822p:plain

その道の専門家に習う方が効率的

何事も覚悟と思い切りが必要では?

箱根駅伝東京オリンピックの影響でしょうか、昨今はランニングされている方をよく見かけます。

ただ、ほとんどの方が自己流であり、努力の割には、もっと速く走れるようになりたい・痩せたい等々の効果が、あのランニングスタイルで達成できるか疑問なのは、わたくしだけでしょうか・・・。

かく言うわたくしも、思うところがあり、独学で中国語を勉強し始めましたが、サボりがちで、いまひとつ上達しなかったので、中国人の家庭教師をつけたところ、日常会話レベルなら話せるようになり、検定試験にも合格することができました。

確かに、マンツーマンレッスンは〇イザップしかり、高額のため、受講には勇気が必要です。

わたくしも、自分が家庭教師を生業にしているにもかかわらず、家庭教師にレッスン料を支払うのをためらっていました。

しかしながら、わたくしを含め大多数の平均的な方が、一定の成果をあげたいと心から願うのであれば、時間を買うつもりで、最初はプロの指導を受けることをお勧めします。

よく言われるように、ゼロからイチ(0→1)にすることが最も困難であり、初級レベルを脱し中級レベルになれば、お金と上級レッスンとを天秤にかけて、レッスンを継続するか否か決めればいいのではないでしょうか?

 

コーチの選択がカギを握る

私事で恐縮ですが、現在指導を受けている中国語の家庭教師に巡り合うまで、3~4人の指導を受けましたが、やる気がない、不誠実、文法の説明が疎か、相性が悪い、等々で、家庭教師を替え、やっと現在の家庭教師にたどり着きました。

思うに、塾や家庭教師等の教育機関の選択に力を入れているご家庭は受験に高確率で成功しています。

基礎学力到達度テストの出題に沿った講義をしてくれる教育機関でなければ、目的を達成することが難しいにもかかわらず、あまり考えることなく、ブランドだけで教育機関を選ぶご家庭が多いこと!

 

自分に合ったコーチと巡り合えれば、半分合格したと同じ

お忙しい中、教育機関の選定に時間を割いていられないのももっともです。

また、何度も足を運んだり、面接するのは、大変骨が折れます。

 

ご自分とその家庭にやる気があり、その希望に沿ったコーチのいる教育機関と巡り合えれば、志望校合格の可能性が飛躍的に高まるのは、約20年指導してきたわたくしが断言します。

 

さあ、労を厭わず、ご自分に合ったコーチを探してください。

 

fuzoku.hatenablog.com